当院の方針

  • 当院の方針
  • セミナー情報
  • 飼い主様の声
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

HOME > 当院の方針

当院の方針

「病気を治す」では無く、「病気を作らない」を目指します

「病気を治す」では無く、「病気を作らない」を目指します
 
ホリスティック(意味:全体、バランス等)的な考え方を元に、体だけでなく心や環境にも配慮し、特に食事療法に力を入れ、病気を作らない体つくりを目指します。

症状(発熱、下痢、嘔吐等)には、必ず意味があります。たとえば、ウイルス感染を起こして発熱している場合、ここで解熱剤を使ってしまうと大変なことになってしまいます。(人間ではインフルエンザウイルス感染時に、解熱剤は禁忌であると通達が出ています)。それは、ウイルスを増やさないように体が発熱を起こして、ウイルス増殖を抑制しているのです。

症状が何故出ているのかを見極め、なるべく自分の力で治すことが出来るように自己治癒力を高める手当を致します。決して現代医学を否定しているのではありません。手術や薬が必要なこともあります。そうして、しゃべらない動物たちには検査は必要です。

動物たちが、自分の寿命まで、自分の力で頑張れる応援をしていきたいと思っています。

自己治癒力を高める手当を行います

 
病気になった時、なるべく薬等に頼らず、自己治癒力を高める手当を行います。ホメオパシー(同種療法)やハーブやお灸や鍼や光線療法等を行います。完全予約制となっていますので、セカンドオピニオン等にもご利用ください。

(ホメオパシー)
ホメオパシーは、今から200年以上前にドイツの医師ハーネマンがその生涯をかけて確立させた自己治癒力を使う同種療法です。同種療法とは、風邪を引いて熱が出るとお布団に入って汗をかかせたり、喉がイガイガしたときに、薬味で辛い生姜湯を飲んだり、同じ作用を持つものが、その症状を取り去ることが出来る療法です。




このような方に当院をおすすめいたします。

このような方に当院をおすすめいたします

自分の力で治ることを促すということは、時間と忍耐が必要になってきます。でも本来の自分の力で治ると、身体は経験しどんどん強くなっていきます。そうして、なるべく早く、毛艶が悪いなど、一般の動物病院では問題視されない未病の段階から、手当を始めることが大切です。また、代替医療の得意な分野と不得意な分野があります。雷や花火が怖くてパニックになる(恐怖のレメディー)、車に乗ると必ず酔って吐いてしまう(乗り物酔いのレメディー)、腎不全で点滴をしているが他に方法は無いのか(光線療法、お灸、鍼)等々現代医学では難しいところを解決したり補ったりすることが出来ます。生きとし生けるもの100%死を迎えます。最後の最後まで、自分らしく生き抜くことをお手伝いできたらと思っています。
当院では、一般常識とはかけ離れたことを言ったり、混乱することが多くあるかもしれません。もし、現代医学が絶対であるとお考えの方は、他の医院を受診されることをお薦めいたします。。。

このような方におすすめです
・他の子に比べて、毛艶がわるいように感じる
・病院に行っても血液検査など異常がないが、何か調子が悪そう
・精神的ストレスがありそう
・薬を飲まなくて困っていて、薬に頼らない治療法を考えたい
・他の医院での検査結果を元に、他の治療法がないか相談したい
・なるべく、自然な方法で治療したい
・腰痛があって鍼やお灸を試してみたい
・光線療法を試してみたい
・健康を維持するための方法を聞きたい
・自然療法について勉強したい
・原因不明で体調が悪い    
・ドックフード・キャットフードを食べない  
・猫がエイズや白血病のキャリアである
・触ることができない動物の手当をしたい 
・健康な動物をブリーディングしたい
・ペットショップでホリスティック的な管理をしたい  などなど 

前のページに戻る
ページの先頭へ
  • トップページ

セミナー情報

当院案内

笹木ホリスティックアニマルクリニック外観

運営:笹木ホリスティックアニマル
クリニック

〒661-0012
尼崎市南塚口町7-35-16-1F

TEL:06-6421-7573
FAX:06-6435-8390

診療対象動物
犬・猫・うさぎ・鳥・ハムスター

笹木ホリスティックアニマルクリニックの院長&スタッフブログ